読む前にここ押してってば

  ↓   ↓              


いわゆる右翼団体はおそらく100~150人規模で存在した。
スーツ姿から特攻服っぽい物まで、多種多様。
年齢層も20代~爺までいた。
街宣右翼だと思われるが、そこいらにいた右翼は観光気分で、写真撮影に大忙しだった。
せっかくですから理事長写真撮りましょうとか言ってる連中。

終戦記念日はあくまでもポツダム宣言受諾の日であって真の終戦は9月2日であるという。
ポツダム宣言受諾という、一方的な敗戦国奴隷化政策を受諾せざるを得なかった日を、
凱旋右翼という連中が汚している。

ヤクザが国を愛したら右翼、そんな連中。
街宣右翼の大半が在日朝鮮人のシノギになっているという事実。
英霊たちが眠る神聖な場所に、愛国を履き違えた人間が幅を利かせるのはどうなのか。


参列者の列は長蛇。
参拝するのに数時間並ぶレベル。
日光がこれでもか、と照りつける中、あの場所に数時間並ぶのは危険。
帽子などの日除けがないと死亡するレベルでした。


その後正午には武道館で催し物がありました。
ニュースはこちら
http://jp.wsj.com/Japan/node_494924 



本日は神社内でも集会が開かれていて、そこでは合唱団なども参加していました。
警察の機動隊は数は少なめでしたがいました。

朝鮮学校が逓信病院と小道を挟んであるのですが、
朝鮮学校前は警備がかなり厳重でした。
バリケードまで準備する始末。





002003
004
006
007


記事を読み終わったらここをポチッと

  ↓   ↓