読む前にここ押してってば

  ↓   ↓              


「日陰の豆も、弾ける時分には弾けるてぇもんだ」とは、古典落語「文七元結」に出てくる名台詞。どんな地味な娘でもいつしか色気づき、恋人を作ってしまう――娘にはいつまでも側にいてもらいたいと願いつつ、それが叶わないことを半ば諦めている父親の言葉だ。貞操観念の低かった江戸時代でさえ、父は娘を思い、心を痛めていた。今の父親たちはさらに大変なようで。

 都内の会社役員Aさん(65)もそんな父親の一人。Aさんは苦笑まじりで告白する。

「娘はいつか、どこかの男とセックスする。それは間違いない。せめて幸せな初体験であってほしい。そう頭ではわかっていても、現実となると、怒りで震え、心千々に乱れるのが父親ってもんです。私も愛娘が処女を失ったと知った時はショックでした」

 ちなみに、2008年実施の東京都幼・小・中・高・心性教育研究会の調査によると、中3までに体験を終えた女子は実に10%。高3ともなれば約半数が性交渉をもっている。経験率が急上昇するのは中3から高1にかけて。ことに夏休みはセックスの誘惑が多い。Aさんの娘が処女を喪失したのは高校3年の時だった。

「私が40歳で初めて授かった子だけに、眼に入れても痛くないほど可愛がりました。お恥ずかしい話ながら、娘が中3まで一緒にお風呂に入っていたほど。意外に娘はあっけらかんとしてましたが、さすがにこっちがテレてしまい、中学に入ってからは必死にタオルで前を隠していましたけれど。

 そんな娘に恋人ができてしまったのは、高3の夏休みです。何気なく、娘が図書館で借りてきた本を開いたら便箋が入ってたんです。当時は娘にケータイを与えてなかったので、付け文みたいな形で恋人とやりとりをしていたんですね。

『痛くなかった? あの日のことは一生の思い出にする サトシ』

続きを読む↓
 http://www.news-postseven.com/archives/20120713_128057.html 


11356265






















記事を読み終わったらここをポチッと

  ↓   ↓