読む前にここ押してってば

  ↓   ↓              


【論説】 「大津・いじめ自殺、加害少年らを批判する人々が卑劣。遺族でもないくせに薄汚い感情垂れ流し…醜悪だ」…哲学者・適菜収★2

1 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/08/23(木) 13:04:12.90 ID:???0
★哲学者・適菜収 正義は法に優先しない 
468101_c450


・社会全体が卑劣になっている。大津市の中2自殺問題をめぐる騒動を見て、そう思わざるをえない。 
 ここで私が「卑劣」というのは加害者とされる少年たちのことではない。被害届を受理しなかった 
 警察でもなければ、いじめを見逃した担任教師や学校、市教委でもない。周囲の対応に問題が 
 あったのは誰がみても明らかであり、わざわざここで指摘するまでもない。 

 そうではなくて、加害者の少年を批判するやり方が卑劣なのだ。彼らもまた法で守られるべきである。 
 「お前は家族が殺されても同じことを言うのか?」という反論があるかもしれない。問題はまさにそこにある。 
 被害者の家族でも親族でもない人間が、「いじめ=悪」という圧倒的な正義に陶酔し、個人的な薄汚い 
 感情を社会に垂れ流す構図が醜悪なのだ。 

 テレビ番組ではコメンテーターや芸能人が鼻息を荒くして「関係者を絶対に許すな」と視聴者を 
 煽り続けた。こうした中、加害者の少年の顔写真や住所をネットで晒したり、中学校や県知事に 
 脅迫状を送りつけたり、しまいには、大津市教育委員会の教育長をハンマーで殴って殺害しようとした 
 大学生まで現れた。 

 その行動の幼さ、卑劣さは、加害者の少年のそれとほとんど変わらない。こうした私刑、集団リンチに 
 「当然の報い」「ザマアミロ」などと拍手喝采している連中も同じである。この手の《正義》ほど 
 愚劣なものはない。 

 社会正義はあくまでも法の下で達成されるべきものであり、社会正義が法を導くのではない。 
 この順番を逆にしたところにテロリズムは成立する。(>>2-10につづく) 
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120823/crm12082303100001-n1.htm 

※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1345690168/ 

2 :☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★:2012/08/23(木) 13:04:22.48 ID:???0
>>1のつづき) 
 ドイツ出身の政治哲学者ハンナ・アレント(1906~75年)は、革命や全体主義を分析する 
 作業の中で、社会正義と弱者に対する同情、虐げられた者に対する憐れみがテロリズムの 
 温床になることを明らかにしている。 
 「徳の源泉と考えられた哀れみは、残酷さそのものよりも残酷になる能力を持っていることを 
 証明している」(『革命について』) 

 人間は悪のために戦うことはできない。歴史的に見れば、国家=法の破壊は、常に社会正義の 
 名の下に行われてきた。正義の暴走を許せば、人間はいくらでも愚かに卑劣になることができる。 
 そこを革命勢力は狙うわけだ。 

 アレントは「徳でさえその限度をもたねばならぬ」というシャルル・ド・モンテスキュー(1689 
 ~1755年)の「偉大な洞察」を引用しながら、マクシミリアン・ロベスピエール(1758~94年)の 
 「哀れみに支えられた徳」が、フランス革命をテロに導いた経緯を説明した。 

 いじめの被害者に同情するのは勝手である。また、事件に義憤を覚えるのも自由だ。しかし 
 同情や正義といったもののいかがわしさをいささかでも自覚するのが文明社会の住人の 
 責任ではないか。 

 正義を口実に現行法を無視していいわけはない。加害者の少年は法の下に裁かれるべきであり、 
 少年法に問題があるなら改正を目指せばいいだけの話である。同様に、私刑を行った愚民は 
 厳正に処分すべきだ。これが法治国家の原則である。例外はない。(以上、一部略) 


3 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:05:02.87 ID:TPwqT3rr0
哲学好きで色々本読んだりはしてるけど、この人は哲学者を自認してるの?哲学者ってなんだ? 
カント、ヘーゲルの頃から哲学を進めれてるのか? 
この人は古の哲学者を研究する哲学者学者なんじゃないのか? 


13 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:07:03.49 ID:JQJgLgzQ0
今度は哲学者がしゃしゃる訳ね 

14 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:07:04.10 ID:v09UWlQp0
批判は新聞社の特権だと勘違いしてるのか 

15 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:07:04.34 ID:1mwLGC6tO
【日本の自称「哲学者」たち】 

大学院まで欧米知識の孫引き中心の「研究」(苦笑)が通用してしまい、18歳時点での点取りゲームの成績優秀者然とした、「自分の頭でものを考えない哲学者」なる珍妙で憐れな自家撞着に気付かない愚か者だけが、大学院卒業後に「哲学者」を名乗る事となる 

詰め込み知識しか誇るものがないので、活動は常に「上から目線の社会評論」が大半を占め、また日本のマスゴミにおもねないと仕事が無いため、やおら左寄りのスタンスが定位置となる 
最終的には、御用学者として、為政者が大衆を騙し無理を通す際の露払い役としての存在価値しかない 
しかし、最近はその御用学者としてさえ使い物にならない事も多く、大衆に論破される事もしばしばである 

その為、「世論の真逆を主張してる俺、頭イイ~♪」的な中二病を拗らせている、単なる社会に適合できない「アダルトチルドレン」となってしまっており、深刻な社会問題となっている 

表面上「大卒ニート」とよく似ているが、しばしば権力に擦り寄る、羞恥心の欠如、自己矛盾に気付かない鈍感さ、視野の狭さ、などの点から、現在では大卒ニート以下の存在として殺処分が検討されている 

また、DQN退治で世間の評価が大変高い、「がんばれ街の仲間たち」に対して嫉妬心を抱き、敵がい心を燃やしているという説もある 


19 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:07:35.62 ID:rjfps8Hd0
加害者の少年 → 法の下に裁かれるべき 
私刑を行った愚民 → 厳正に処分すべき 


「例外はない」…とかほざいておきながら、 
コッソリと区別している点が、何とも^^ 



29 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:10:00.51 ID:tLBENfnN0
自称哲学者が自分の口を養うために大衆を攻撃するとは世も末だな 


32 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:10:10.41 ID:SM4wBQFI0



学部しか出てなくても哲学者? 
欧米では鼻もひっかけられないよwwww 




せいぜい哲学ライターにでもしておけよww 







33 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:10:15.01 ID:6ZVO56WR0
また「加害者の人権」かよ。 
「加害者がかわいそうだろう、被害者の肩を持つやつ、死ね」…と。 


38 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:10:46.82 ID:Bw0v90Sk0
哲学者なら、何故批判に至っているのかくらい考えたらどうなんだ。 


44 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:11:51.82 ID:DfVD8O300
哲学者     × 
フリーター   ○ 


59 :名無しさん@13周年:2012/08/23(木) 13:13:37.83 ID:ElT9L3aO0
こういう自称哲学者が現われるから、哲学がわけわからないものになっちゃうんだよなあ。 








記事を読み終わったらここをポチッと

  ↓   ↓