読む前にここ押してってば

  ↓   ↓              


その年もっともブラックだった企業を決める「ブラック企業大賞2012」の授賞式が7月28日開催され、大賞に東京電力、市民賞にワタミがそれぞれ輝いた。

 大賞の東京電力は、福島第一原発の事故により日本全体の社会、経済に多大な被害を与えた点や、さらに原発稼働・点検のために多くの下請け労働者たちを被爆の危険にさらしている点などが主な受賞理由。また5次、6次にわたる多重下請けの構造問題も指摘され、今回の受賞に至った。

 一方、一般からの投票により選ばれる「市民賞」はワタミが受賞。ワタミと言えば2008年、当時26歳の女性社員が入社わずか2ヶ月で自殺したことが大きな話題になったほか、渡邉美樹代表取締役社長の「『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです」といった"名言"が有名ネットではブラック企業の代名詞としてのイメージも強く、総投票数2万111票のうち、ほぼ半数にあたる1万24票がワタミに投じられた形となった。

 授賞式の様子はニコニコ生放送でも中継され、来場者数は3万人以上にのぼった。授賞式では各企業のノミネート理由が詳細に説明されたほか、ブラック企業関係者による発言を集めた「名言集」なども発表された。

 受賞企業にはその場で賞状やトロフィーが送られるはずだったが、残念ながら出席企業はゼロ。賞状については後日郵送する予定とのこと。

 その他の受賞企業は以下のとおり。各社のノミネート理由については「ブラック企業大賞2012」の公式サイトにて公開されている。

●「ブラック企業大賞2012」受賞企業一覧
大賞:東京電力
市民賞:ワタミ
業界賞:富士通ソーシャルサイエンスラボラトリ
    フォーカスシステムズ
ありえないで賞:ゼンショー(すき家)
特別賞:ウェザーニュース


(http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1207/28/news011.html)
記事を読み終わったらここをポチッと

  ↓   ↓